2011年05月29日

編み針

いつも帽子を編む時に使っている輪針です。



この度、めでたく (≧∇≦) お役御免になる2本。

年に数百着の帽子を編んでいると こんなことになります ↓





竹製の方は 1~2年で
プラスティックの方は10年近く使ってるかな~・・・



親指が当たっている所もすぐ凹んできます。




竹の方は 指の形にすぐ変形してくれるので
手に馴染んで 痛くなく編みやすいですね。手(チョキ)


タグ:輪針
posted by Tsu at 10:30| 家での作業 | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

コチニール染めの帽子&会津工人まつり

コチニールで手染めした糸で編んでみました。



今回は ウール、モヘア、アルパカ、ポリエステルの混合糸です。

ひつじ&ヤギ&アルパカ そして 人 のコラボ♪
ふわふわ なのに しっかりした編み地になりました。
手触りをお届けできないのが残念。。。


さて次の出店は 福島県で 『会津工人まつり』 

三島町は福島県の西部にあり、比較的安全な場所です。
遠くからお越しの方は御心配かと思いますが・・・
福島県大沼郡三島町のHP には
日々放射線量測定結果が載っていますので お確かめ下さい。
現在、全く心配はないそうです。

《 東日本大震災 復興を目指して まげぇねぞ~ 頑張ろう福島・三島 》

三島町生活工芸館で 6/11,12 に開催です。


posted by Tsu at 11:55| 毛糸の植物染と作品 | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

草木染め(コチニール)

今日は コチニール染め

コチニールは サボテンにつくカイガラムシのことです。
カラカラになったものを染料屋さんで購入するので
あまり 虫 という感じはしないのですが・・・



すり鉢ですりつぶして 不織布の袋に 10gずつ分けています。



きれいな赤の染液。
水から煮出して色を出し また水から煮出し・・・と何回も煎汁をとります。

生成りの糸で編んだ帽子を染めました。
ピンクやマゼンタは ミョウバン媒染
紫は 鉄媒染です。



霜降りのように染まっているのは
違う材質の糸を合わせて編んでいるので
材質によって染まり具合が違うのです。

↓ 糸の方は モヘアと変わり糸を 鉄媒染で染めてみました。 ↓



(濃淡は コチニールの分量を変えています)

posted by Tsu at 14:14| 毛糸の植物染と作品 | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

草木染め(よもぎ)

今日は ヨモギ染め



新芽の部分だけを摘んで 銅媒染で染めました。
緑色を出すには アルカリ水にして草を煮出します。
普通に水から煮ると草は茶色になるのですが
アルカリで煮ると ↓ 草もこんな緑色のまま、染液も緑色



で、染まった羊毛は・・・



まぁまぁのグリーンです。

ところが・・・

2回目は



どこで酸化してしまったのか ちょっと茶色気味に。。。



いい色なんですが、目指してた緑色とはちょっと違った色になりました。

posted by Tsu at 23:00| 羊毛ー植物染め | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

2011草木染め(ギシギシ&スイバ)

草たちが元気になってきたので 昨日から草木染めの作業開始しました。
まずは 大きく育ったギシギシ&スイバ (たで科)



花穂の色がいろいろあります。

   

今回は 全草使います。



いちばん大きくなったスイバは ノゲシのように大きな葉っぱ。

  

根っこが大事なので 外で水の中でジャブジャブあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



スイバも根っこは 黄色です。



茎は空洞になっているので 手でポキポキ折りながらお鍋に投入。



水から徐々に温度を上げていって1時間ほど煮出します。
オレンジ色の染液になりました。

ミョウバン媒染した毛糸 と 生成りの糸で編んだ帽子 を染めます。



前回は 黄色っぽいベージュに染まったのですが
今回は オレンジっぽいベージュになりそうです。

posted by Tsu at 23:00| 毛糸の植物染と作品 | 更新情報をチェックする