2012年07月31日

ヘアバンドのサイズ

手編みヘアバンド の大きさについての説明です。



右から①②③④⑤としますと
ご覧の通り ③が一番大きくて ⑤が一番小さいのですが

 ↓ このお姉さんに被ってもらうと・・・


 ↓ ③一番大きなのも ↓ 




 ↓ ⑤一番小さいのも ↓ 




 ↓ もちろんその間の大きさのも ↓ 



全部被れます。
いつも説明させていただいているのですが
『手編みなので ある程度の余裕があります』

あとはお客様のお好みです。
キュッとしまった感じがお好きか
締め付けられるのはだめだわ と思われるか。。。

それとあともう一つ



作り目側 と とじ側、両端の大きさをわざと違えるように編んで
頭のまるみにフィットしやすいようにしています。
上下どちらが よりフィットするか 被ってみてください。

posted by Tsu at 16:22| 今日の帽子 | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

紅花で黄色

 ↓ 赤を染める代表選手 紅花 です ↓ 



以前 山形県河北町紅花資料館 にも行って
紅花 = 山形
と思っていましたが・・・

な・な・な・・・・なんと

我が家から20分ほどの 三重県伊賀市 でも昔から栽培されていました。

江戸時代には
伊賀相模最上薩摩 が良産地だったそうです。

芭蕉の奥の細道の句
まゆはきを 俤(おもかげ)にして 紅粉(べに)の花

芭蕉さんが伊賀上野出身だったことを考え合わせると
なつかしい思いもあったのでしょうか。。。



一般には 赤染 の代表の 紅花 ですが
羊毛を染める場合は 黄染めの 優良染材です。



紅花には 黄 と 赤 の色素があり
黄は 水溶性
赤は アルカリ性の水 にしか溶けだしません。

なので まず水で黄色の色素を出してしまいます。


日本手拭いに 乾燥した花びらを入れて
輪ゴムでしっかり閉じ 水に浸けて揉みます。



オレンジっぽくなったら 液を 鍋に移し
何度も水を変えながら・・・

中の花びらが 赤く透けるようになるまで 揉んで黄色を出します。



赤染めの場合は ここまでの過程で出た黄水は捨てますが・・・

羊毛を染める時には 通常は捨てるこの黄水が 染液になります。





今回は ミョウバン媒染で やさしいたまご色になりました。


posted by Tsu at 22:30| 羊毛ー植物染め | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

秋田ツアー

6.22(金)~25(月) 『秋田ふるさと村アート&クラフトフェア』
金曜&土曜は降ったり止んだりの空模様でしたが
最終の月曜日には晴れ



会場は 秋田ふるさと村の ↑ お祭り広場 ↑ と 

↓  ドーム劇場の中 ↓ 



舞台の奥を解放して少し明るくなりますが・・・



去年は暗くて植物染めの色がきれいに見えなかったので
今年は照明器具持参で明るくしてみました。



そして このふるさと村出店中に
道の駅『あきた港』で出店させていただくことになり
25日終了後、そのまま秋田セリオンに。



この 『ポートタワー』 ↑ の横の ↓ 『セリオンリスタ』 が会場です。



屋内緑地公園 ということで中は温室



特製テントも張っていただいて出店しました。



この場所、土日にはいろいろ催し物があります。
道の駅全体では 産直コーナーはもちろんですが
展望cafeあり
ギャラリーやイベントホールありで
とっても賑わうようです。

2週間の秋田ツアー 雨も降りましたが
さわやかな気候で楽しませていただきました♪
皆さま ありがとうございました。


posted by Tsu at 14:14| 2012年のクラフトフェア | 更新情報をチェックする