2010年07月25日

サウナのような・・・

関西は とっても暑い日が続いてます。

先日から 草木染めの作業に入っているのですが
この暑さの中で 大きな鍋をガンガンたいて
作業場は サウナさながらになっております。

今日は 紅花染めです。
うちは染料として市販されている乾燥花を購入して使っています。



先日の青森からの帰りにも本場山形で買ってきました。




花を見れば一目瞭然、紅花には 黄と赤 の色素が含まれています。

紅花では 黄・オレンジ・赤 を染められるのですが
うちは羊毛なので黄色に染めます。

というのは、紅花は 最初は 水で黄色の色素 を絞り出し
その後、アルカリ性の液で 紅色 を出します。

その紅色は 高温に弱いので 羊毛は染めることができません。
(羊毛は高温にしないと色が入らない)



ミョウバン媒染でこんな色になりました。



紅花は 染めの他にも さまざまな用途に使われています。

紅花酒は 血圧・胃腸・婦人病・神経痛・冷え性などに 効くといわれていますし
リノール酸を含むサフラワー油 は紅花から作られます。

詳しくは 紅花資料館のサイトを ご覧ください。


ラベル:草木染め 紅花
posted by Tsu at 21:31| 羊毛ー植物染め | 更新情報をチェックする