2016年05月09日

茜染め

今日は 茜染めの写真です。

茜染め

薄い方は濃い方を染めて残った染液で染めた糸です。
媒染はいずれもミョウバン

羊毛は ↓ 

茜染め

茜染め

羊毛の方は例によってカードをかけます ↓ 

茜染め

すると、ふわっふわになって手触りも気持ちいいんです♪

茜染め

そして、販売用の小袋に入れています。

茜染め

皆さまお気づきかと思いますが…
オレンジっぽいのとピンクっぽいのに染まっています。
それは…
今回はアカネ2種類使用したからです。

茜染めは アカネという植物の根っこで染めます。
根っこなので見つけてもむやみに採ることはできませんし
あちこちにあるわけでもありません。
で、染料屋さんなどで購入するのですが、、、

販売されているのは“西洋茜”“インド茜”

オレンジ系の方がインド茜でピンク系の方が西洋茜です。

大体いつも インド茜はオレンジ系の色がでます。
それとインド茜の方が高温に強いような感じ♪
西洋茜の方はちょっと油断してぐつぐつ煮てしまうと
茶色っぽくなったりするので、比較的高温に弱いような気がします。

染材によって気を遣うポイントはそれぞれ違うのですが
茜染めに関しては、だんぜん温度です。
羊毛は高温でないと染まりませんし
茜は高温にすると茶っぽくなる!
ちょうど良い温度を保ちつつ染めなければいけないのです。







posted by Tsu at 15:26
"茜染め"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。